NEWS

ガザで現地取材中です。

2009年01月27日
photo_01
 イスラエル軍により、激しい攻撃を受けたパレスチナ自治区・ガザで現地取材を行っています。取材中の連絡先は、reishiva@gmail.com 、緊急連絡先は現地携帯電話++972-598-336-520 までよろしくお願い致します。

緊急上映&トーク 『パレスチナ1948 NAKBA』

2009年01月14日
photo_01
今週末、広河隆一さんの映画『パレスチナ1948 NAKBA』の上映会で、重信メイさんと一緒にトークします。以下転載歓迎!!
________________________________________________________________
※※※※※※※※※※※※※ 転送歓迎 ※※※※※※※※※※※※※
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『パレスチナ1948 NAKBA』上映&トーク

連日伝えられるハマスVSイスラエルのニュース。
しかし何が原因で彼らが戦っているのか、肝心なことは聞こえてこない。
なぜハマスはロケット弾攻撃をやめないのか。
なぜ女性や子どもが犠牲になっているのか。
そもそも何が始まりだったのか。

その鍵は1948年のイスラエル建国のときに起こった「NAKBA(大惨事)」
と呼ばれる事件にあった。暴力の連鎖というレトリックから抜け出て、
原点からパレスチナ問題をとらえ直すことができるこの映画。
今だからこその緊急上映!
ジャーナリストの志葉玲さんと重信メイさんのトークも必見です。
ぜひこの機会をお見逃しなく。

※ 各日100名様限定ですので予約をお勧めします


◆上映作品
『パレスチナ1948 NAKBA(ナクバ)』
監督/撮影/写真:広河隆一
配給:バイオタイド
ドキュメンタリー/131分/2008年/日本

◆上映詳細
日時:1月17日(土)/31日(土)
開場:12時  開映:12時半
17日のトーク:志葉 玲×重信メイ(終了予定:15時半)
31日のトーク:未定。決まりしだいウェブで告知します
料金:前売1,000円/当日1,000円(ともに1ドリンク付き)
会場:Asagaya/Loft A

※席に限りがありますので早めの予約をおすすめします。100名様限定。
1月13日(火)16時より受付開始。
web予約に表示が無いときは電話予約をお試しください。
《電話予約:03-5929-3445》
《web予約:http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/

※上映費を捻出するため次のことにご協力いただけると助かります
[友人を誘う/昼食をここで食べる/たくさん飲食する]
どうかよろしくお願いします。

アクセス:JR中央線 阿佐ヶ谷駅より徒歩2分
南口を出て左の信号を渡り、パールセンター内を歩いて2分。
1Fがメガネドラッグの建物の地階。道の左側です。
地図:http://www.loft-prj.co.jp/lofta/map.html
住所:東京都杉並区阿佐谷南1-36-16-B1

主催:pono2(ポノポノ)
共催:Asagaya/Loft A


★プロフィール
広河隆一(フォトジャーナリスト)
(注:広河さんはゲストではありません)
1943年 中国天津市生まれ。1967年に早稲田大学卒業後、
イスラエルへ渡る。その直後に第3次中東戦争勃発。1970年
に帰国。その後、中東問題と核問題を中心に海外取材を重ね
る。
IOJ国際報道写真コンテストの大賞・金賞をはじめ、講談社
出版文化賞、日本写真協会年度賞、早稲田ジャーナリズム大
賞、土門拳賞など多数受賞。2004年3月『 DAYS JAPAN 』を
発刊。編集長として現在に至る。
2008年、パレスチナを追った40年間の間に撮られた写真、映
像により『パレスチナ1948 NAKBA』が完成、劇場公開される。

志葉 玲(ジャーナリスト)<< トークゲスト
1975年生まれ。番組制作会社を経て2002年からフリーに。
2002年12月~2008年3月まで計6回イラクを現地取材、2003年
にはガザを現地取材する。地球温暖化などの環境問題、共謀
罪など国内政治まで幅広く取材、講演活動も多く行っている。

重信メイ(ジャーナリスト)<< トークゲスト
1973年レバノン・ベイルート生まれ。大学院で政治学を専攻。
その後、ジャーナリズムを学び、2001年より日本在住。現在、
中東問題、アラブ/イスラム文化などを講演活動で伝えて
いる。著書に「秘密」「中東のゲットーから」がある。

★「パレスチナ1948 NAKBA」公式サイト
http://nakba.jp/

★最新の情報/お問い合わせ
http://www.pono2.jp/
nakba@pono2.jp(空メール対応)

________________________________________________________________
※※※※※※※※※※※※※ 転送歓迎 ※※※※※※※※※※

早稲田大学で講演しました。

2008年12月23日
早稲田大学政経学部で教鞭をとられている早野透さん(朝日新聞編集委員)のご依頼で、22日、イラク戦争やジャーナリズムのあり方について、お話させていただきました。

週刊SPA!圏央道[高尾トンネル]が招く悪夢

2008年12月16日
週刊SPA!08年12月23日号に高尾山トンネル工事の問題について書きました。
以下、webspa!から転載。
------------------------------------------------
圏央道[高尾トンネル]が招く悪夢
反対派を強制排除、貴重な生態系の破壊、税金バカ食いetc.
これじゃあ、御山の天狗も泣いている……。

ミシュランガイドで3つ星の観光地と評価され、最近爆発的に観光客が増えている東京・八王子市の高尾山。標高わずか599mのこの小さな山、実は世界的にも有数の貴重な生態系を持っているらしい。そんな“奇跡の山”のド真ん中に穴を空けるトンネル工事が、観光客の目のつかないところでコソコソと進行している。都心を中心として、千葉から神奈川までをつなぐ全長約300kmの環状道路「圏央道」のトンネル工事だ。すでに工事が終わっている区間(あきる野~八王子)では、滝涸れなどの影響が出ているという。しかも、トンネル建設の費用は1m当たり約7000万円! この工事、果たして国立公園の中心部の自然を破壊し、莫大な税金を投入してまでやる必要のあるものなのだろうか?
------------------------------------------------

週刊SPA!特集『[オンナの貧困サバイバル]非常な現実』

2008年11月12日
photo_01
 ワーキング・プア、非正規労働というと、男性ばかりがとりあげられましたが、むしろ、女性も大変厳しいのではないか。昨年度の総務省の統計によれば、パートやアルバイトなど非正規雇用の割合が男性で19%に対し、女性では55%。彼女達の年収は、生活保護水準とされる200万円以下が9割です。当事者の方々の声を紹介しつつ、識者の方々のご意見を聞きながら構造的な問題点を探りました。是非、ご覧いただければ、幸いです。