NEWS

SPA!原子力空母問題/ロスジェネ別冊

2008年10月16日
photo_01
  現在発売中の週刊SPA!08年10月21日号で、米原子力空母ジョージワシントンの横須賀母港化の問題を書きました。同空母が来たことは、中型原発2基が東京湾に設置されたようなもの。事故が起きた場合、被害は「最大で160万人が死亡」と結構とんでもないシロモノです。是非お読み下さいまし。
http://spa.fusosha.co.jp/weekly/ent_6947.php

 好評発売中のロスジェネ別冊での執筆陣の写真、私が撮りました。年末に発売予定のロスジェネ第二号でも、浅尾編集長と湯浅誠さんの対談の様子を撮っています。というわけで、ロスジェネもよろしく☆

超左翼マガジン『ロスジェネ』
別冊 秋葉原無差別テロ事件「敵」は誰だったのか? 
http://losgene.org/

9.27東京 志葉×憲法カフェ「生きづらい日本×殺されるイラク」

2008年09月25日
 今週末です。是非ご参加ください!

■ □ ■ □ ■ □(転載歓迎)■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ 

憲法カフェvol.16「生きづらい日本×殺されるイラク」

9月27日(土)18時~21時(開場17時45分)

場所:笹塚区民会館・和室

地図:http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_sasazuka.html

参加費:300円

ゲスト:志葉玲さん(フリージャーナリスト)http://www.reishiva.jp/

司会:園良太(憲法カフェ)

主催:「憲法カフェプロジェクトチーム」 http://d.hatena.ne.jp/kenpou-cafe/

2008年8月にアフガニスタンでNGO「ペシャワール会」の日本人スタッフが殺害されました。

アフガンと同じくイラクでも空前の内戦状態が続いています。

両国は「人類が経験したことの無い破綻状態」とも言われています。

そんな状態はなぜ、いつから始まったのだろう?

そう、2001~2003年にアメリカ・イギリスが両国へ戦争をしかけ、ニッポンもそれを支持したから。

でも、首相の辞任や近づく選挙ではその責任が話題にもならない。

メディアからも現地情報が伝わってこない。大切なことが隠されたまま、私たちは自分の人生で精一杯になっていく--。

そこで、イラク現地を何度も取材したフリージャーナリストの志葉玲さんをお呼びして、イラクの「いま」を伝えてもらいます。

未来が見えないニッポンで知る未来をつぶされたイラクの絶望。

そこはグローバルな資本主義が何でもアリで食いつくしていく。

けれど一方では、反貧困やG8を問い直すアクションが盛り上がった。

今が道の別れ目、私たちが生きる時代を明らかにし、何ができるかトークしましょう。

ぜひご参加ください。


★志葉玲さんプロフィール:

1975年東京生まれ。大学卒業後、番組制作会社を経て、2002年春から環境、平和、人権をテーマにフリーランスジャーナリストとしての活動を開始する。
2003年のイラク戦争では「人間の盾」として滞在しながら民間人の空爆被害を取材。2003年6月の取材では、イラク中西部ラマディにて米軍に不当拘束され捕虜収容所に8日間拘禁される。
2004年2~3月、5~7月には、バグダッド、サマワ、ファルージャなどを取材。頻発する自爆攻撃の現場や、米軍による「テロ掃討作戦」、自衛隊の活動などについて取材した。
2004年7月以降も、現地人脈を活かし、新聞や雑誌、ブログ等でイラク情勢に関する情報を発信し続けている。
2008年2~3月にはイラク北部で避難民を取材。

著書に『たたかう!ジャーナリスト宣言 ボクの観た本当の戦争』。


★「憲法カフェプロジェクトチーム」について

国民投票法案の成立を受けて発足した、2007-201×年の時限プロジェクト・チーム。会社員、フリーター、学生、教員を中心とし、毎月第四土曜日に、自民党改憲案や改憲をめぐる社会の動きをテーマに、カフェでトークイベントを開催しています。
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/kenpou-cafe/

8/31 鎌中ひとみ監督×志葉玲 上映会&トークショー

2008年08月29日
photo_01
 今週末31日、あの『六ヶ所村ラプソディ』の鎌中ひとみ監督と対談させていただくことになりました。以下、TAMA CINEMA FORUMのブログより

-------------------------------------
●2008年8月31日(日)は『六ヶ所村ラプソディ』上映会の日!
来る夏休み最後の日、2008年8月31日、
永山ベルブホールにて『六ヶ所村ラプソディ』が上映されます。

「2004年、六ヶ所村に原発で使った燃料からプルトニウムを
取り出す再処理工場が完成した。
隣接した村々で農業を営む人々、有機や無農薬で安心、
安全な作物を作ってきた農家もまたこの計画を止めたいと活動している。
一方、六ヶ所村の漁村、職を失った漁師の雇用問題が深刻だ。
村はすでに再処理を受け入れ、経済的にも雇用の面でも必要だという考えが行き渡っている。
圧倒的な力と経済力に、普通の人々はどうやって立ち向かっていけばいいのだろうか。
その取り組みを、人々の営みをそしてそれぞれの選択を見つめてゆくドキュメンタリー。」

ということで、あまりにも有名な本作ではありますが、
多摩地区での上映会は、あまり行われていません。
また、一度見た方々のリピート鑑賞も大変多い本作です。

今回は、本作の監督、鎌仲ひとみ監督と、戦場ジャーナリストの志葉玲氏による
トークショーもあります。


■スケジュール■
 
11:30-13:29 第1回上映
14:00-15:59 第2回上映
16:10-17:10 トーク ゲスト:鎌仲ひとみ監督、聞き手:志葉玲氏
17:30-19:29 第3回上映


夏休み最後の日は、早めに宿題を終わらせておいて、
家族みんなで大切な地球について考えてみてはいかがでしょうか?


8/12 志葉玲×藤本幸久監督@名古屋

2008年08月09日
photo_01
 今月12日、名古屋で講演があるのですが、なんと!今話題の映画、『アメリカばんざい』の藤本幸久監督とコラボさせていただくことになりました。

『アメリカばんざい』公式サイト http://www.america-banzai.com/

 つきましては、近隣にお住まいの方々は、是非ご足労いただけますと嬉しく思います。

以下転載・転送歓迎
------------------------------------
夏休みの自由学習・レポートに!「世界を知ろう 戦争と地球環境」
08あいち平和のための戦争展ミニステージ
激動の地球を生きるために

 若きジャーナリスト志葉玲の「イラク報告」。今年3月までイラク
北部など現地取材。2003 年にはイラク・ラマディでアメリカ軍に
拘束。映画監督「藤本幸久さん」との対談もあります。

~イラク戦争に限らず現代の戦争は、限りある地球資源の争奪戦でもある。
そして「環境問題!」。これからの地球でいきていくためには…~

■講演  志葉玲さん
 特別ゲスト  藤本幸久さん
        (ドキュメンタリー映画「アメリカばんざい」監督)

■8 月12 日(火)13:30~15:30

■名古屋市公会堂・第7 集会室
 名古屋市昭和区鶴舞1-2-32 ℡052-731-7191
 地下鉄鶴舞駅5番出口・JR中央線鶴舞駅徒歩2分

■入場料 一般500 円
 小中高生以下、障害者(介護者含む)無料
 ※上記の入場料で他のステージや戦争展もご覧いただけます。

■講師 プロフィール
 1975 年東京生まれ。2002 年春から環境、平和、人権をテーマに
 フリーランスジャーナリストとして活動。コメンテーターとしても各メ
 ディアで発言、全国各地で講演も行っている。2003 年にバグダッド
 南部のドーラ浄水場に「人間の盾」として滞在しながら民間人の
 空爆被害を取材。2004 年バグダッド、サマワ、ファルージャなどで
 頻発する自爆攻撃や、イラク市民の被害、自衛隊の活動などにつ
 いて取材。2008 年2~3 月、イラク北部で避難民キャンプなどを取材。
 著書に『たたかう!ジャーナリスト宣言・ボクの観た本当の戦争』
 (社会批評社) など。


8月3日に広島に行きます。

2008年07月30日
下記イベントで急遽、G8サミット取材報告をすることになりました。
以下、転送転載歓迎!!
======================
□■市民社会フォーラム広島例会のご案内■□
『素人の乱』松本哉×『ロスジェネ』増山麗奈 トークライブ

■日 時 8月3日(日)18:00(17:30 開場)~21:30
■会 場 広島市まちづくり市民交流プラザ6階マルチメディアスタジオ
 地図URL http://www.hitomachi.city.hiroshima.jp/m-plaza/access/index.html
 市内電車: 「袋町」電停から徒歩約3分  
 アストラムライン: 「本通駅」から徒歩約6分
 バス: 「袋町」バス停(広島電鉄・広島バス)から徒歩約3分 「放送会館前」バス停(広島バス)から徒歩約6分
■参加協力費 500 円   ※どなたでもご参加できます。
■共 催 生存のためのメーデー実行委員会in広島
     雨宮処凛さん講演会実行委員会in広島

 『貧乏人の逆襲!』(筑摩書房)を著した「素人の乱」の松本哉さんと、超左翼マガジン『ロスジェネ』を発刊した「桃色ゲリラ」の増山麗奈さんの夢のトークライブを、8月のヒロシマで開催します。また、スペシャルゲストとして、ロスジェネ世代のフリージャーナリスト 志葉玲さんのG8報告も行います。
http://reishiva.jp/

★タイムスケジュール(当日変更もありえますので、ご了承く
ださい)
 第1部 「素人の乱」上映会 18:00~19:30
 第2部 増山麗奈アートパフォーマンス 19:30~20:00
 第3部 志葉玲さんのG8報告 20:00~20:20
 第4部 松本哉×増山麗奈トークライブ 20:20~21:30

■松本哉(まつもと はじめ)さん
 1974年東京生まれ。97 年に「法政の貧乏くささを守る会」、
翌年に「全貧連」結成。
2001年、卒業ともに「貧乏人大反乱集団」結成。都内各地で「
駅前ゲリラ鍋」集会を頻発。
05年、リサイクルショップ「素人の乱」を高円寺にオープン。
PSE問題はじめ独自の笑えるデモを行う。
07年、杉並区議選に出馬。落選するも1061票獲得する。
著書に『貧乏人の逆襲』(08年、筑摩書房)。

■増山麗奈(ますやま れな)さん
 1976年千葉市生まれ。東京芸大中退。学生時代より絵画、パフォーマンス活動を開始。
奔放な男遍歴、拒食症、自殺未遂などからの脱出が表現の原点。
99年、天安門事件10周年パフォーマンスに参加し、社会と芸術の関係に興味を持つ。
2003年、イラク戦争開戦直前とともにカワイイ系反戦アート集団「桃色ゲリラ」を結成。
著書に『桃色ゲリラーPEACE&ARTの革命』(06年、社会批評社)。

※お申込みなしで参加いただけますが、人数把握のため、
 事前にご連絡いただければありがたいです。
■お申し込み・お問い合わせ先
市民社会フォーラム forum212002●yahoo.co.jp
*●には@を入れて下さい。
市民社会フォーラムHP
http://www.occn.zaq.ne.jp/civilesociety/

チラシデータ
http://www.occn.zaq.ne.jp/civilesociety/hiroshimareikai.pdf

======================