NEWS

【12.4】「新テロ特措法案を廃案へ 戦争する国づくりを許さない全国集会」で発言します。

2007年12月03日
2007/12/04 新テロ特措法案を廃案へ 戦争する国づくりを許さない全国集会

日 時●12月4日(火)18:30開会 20:30終了
会 場●社会文化会館ホール
    千代田区永田町1-8-1 
地下鉄「永田町駅」「国会議事堂前駅」
主 催●12.4全国集会実行委員会
協 賛●WORLD PEACE NOW実行委員会
連絡先●平和フォーラム TEL03-5289-8222

国会報告 ◆民主党・社民党
講演1◆アフガニスタンの現状/長谷部貴俊さん(JVC・アフガン担当)
講演2◆米軍再編と闘う自治体/田村順玄さん(岩国市議会議員)
報告1◆イラクはいま    /志葉 玲さん(ジャーナリスト)
報告2◆沖縄と歴史教科書  /松田 寛さん(沖縄高教組委員長)
ほか

以下、主催者より。
-----------------------------------------------------
■自民・公明両党は衆議院本会議で、新テロ特措法案の採決を強行しました。
安倍内閣から福田内閣に変わっても、米国一辺倒の外交姿勢に変わりはあり
ません。米軍再編では、国は基地交付金の対象から、座間市・岩国市・名護
市など、再編に反対している自治体を除外しました。地方自治の原則を踏み
外す大問題です。
歴史教科書の沖縄戦記述改ざん問題では、沖縄県で12万人が集まって抗議
の意思を示しましたが、政府は沖縄の声に耳を傾けようとはしていません。

■米軍基地の撤去を求める人びと、歴史の改ざんを許さない沖縄の人びと、
戦争政策に反対する人びと、いま平和を求める全国の人びとが声をそろえて、
福田内閣の進める「戦争のする国づくり」を止めることが大切になってきま
した。国会の中で与党と対決している、民主党・社民党をはじめとした野党
議員との連携も重要です。

■平和フォーラムと市民団体は12月4日に、国会前にある社会文化会館
ホールで、全国集会を開催します。ぜひ参加してください。私たちの力で、
平和を実現しましょう。
-----------------------------------------------------------

【11.11】劣化ウラン兵器禁止を求める国際行動デー集会に参加します。

2007年11月06日
劣化ウラン兵器禁止を求める国際行動デー集会

 国際行動デーは、国連の11月6日を「戦争と武力紛争による環境収奪を防止する国際行動デー」とする(2001年国連決議)にあわせてウラン兵器禁止を国際社会に広く訴えようと、ICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)が毎年とりくんでいるものです。今年で4回目になります。是非ご参加ください!劣化ウラン兵器を禁止させよう!イラクの子どもたちに医療支援を!

【日 時】11月11日(日)午後6時(開場5時半)~午後9時
【会 場】文京区民センター2A
【内 容】
1.最近のイラク情勢について
  志葉 玲さん(ジャーナリスト)

2.ICBUW第4回世界大会(ニューヨーク)の報告とイラクの医療支援
 佐藤真紀さん(JIM・NET事務局長)

3.地震が原発を襲った-柏崎刈羽原発
  山崎久隆さん(劣化ウラン研究会、たんぽぽ舎)

4.映像「日本のテレビが伝えないイラク現地の状況」
  -希望を届ける民衆がつくったメディア-

【参加費】1000円(前売り800円)

【お問い合わせ】劣化ウラン兵器禁止・市民ネットワーク
〒101-0061東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付
TEL/FAX 03-3238-0056(13時~20時)

週刊SPA!ミャンマー(ビルマ)特集

2007年10月30日
photo_01
東京・表参道の国連大学前で、国際社会が軍事政権への圧力を加えるよう訴える在日ビルマ人たち。

 本日火曜発売のSPA!に私がお手伝いした、ミャンマー(ビルマ)特集が掲載されております。長井さん殺害現場にいた学生や、僧侶、活動家など、現地の人々の貴重な証言や、さらにアウンサンスーチーさんの元ボディーガードが語る政治犯の獄中生活など、見逃せない内容ですよ。是非是非ご覧下さいませ。

以下、Web SPA! より。
-----------------------------------------
小誌だけが知り得た「ミャンマー軍事政権の壮絶な人権弾圧」
http://spa.fusosha.co.jp/weekly/ent_3204.php

 9月27日、ミャンマー(ビルマ)の首都ヤンゴンで、映像ジャーナリストの長井健司さんが治安部隊に射殺された。その瞬間は「Democratic Voice of Burma(DVB)」によって配信され、世界中の人々を驚愕させた。異常なまでに厳しい情報統制のもと、外国人ジャーナリストを次々と国外退去させているミャンマー軍事政権。今ではほとんどの情報が入ってこない状況になっている。いま現地では何が起きているのか? 長井さんは何を伝えようとしていたのか? 本誌は、長井さん殺害の現場にいた学生や僧侶など、民主化運動大弾圧の渦中にいる人々とコンタクトをとることに成功。一切の情報が遮断された「ミャンマーの現在」をリポートする。そのほか、世界の戦場や紛争地など危険な現場取材を続けてきた林克明氏・綿井健陽氏による「ジャーナリストという生き方」についての対談も収録。
------------------------------------------

【10.22】GINZA環境会議 「知ろう 語ろう☆地球温暖化」

2007年10月16日
 ☆★☆転送・転載歓迎☆★☆転送・転載歓迎☆★☆転送・転載歓迎☆★☆

 東京・銀座のギャラリー、exhibit Live & Moris で現在開催中の増山麗奈個展「WATER WARS」の特別企画として、来週22日(月)にゲスト出演、地球温暖化について話をさせていただくことになりました。
http://renanews.exblog.jp/6282524/

 京都議定書の目標値である「6%の温室効果ガス削減」という目標達成が絶望視されるなど、国際的にも遅れが目立つ!日本の温暖化対策ですが、各自治体や市民によって、先駆的な取り組みも行われています。本企画では、「自然エネルギーによる電力自給率185%」という岩手県葛巻町など、現場取材報告をしたいと思います。

 また、当日は全国各地で温暖化問題について講演され“日本のアル・ゴア”と呼ばれる田中優さんもいらっしゃいます。日本の地球温暖化対策の課題とは何か、「人類最大の危機」にどう立ち向かっていくのか、田中さんや麗奈画伯、そして会場の皆さんと共に熱く!語りたいと思います。ぜひぜひおいでませ~☆


【特別企画】 GINZA環境会議 「知ろう 語ろう☆地球温暖化」
日時:10/22 (月) 19:00〜 
場所:東京都中央区銀座8-10-7 東成ビル地下exhibit Live & Moris 
   http://artlive.cool.ne.jp/
参加費:800円
ゲスト:未来バンク事業組合理事長  田中 優
環境ジャーナリストの会理事 志葉 玲
聞き手:増山麗奈

 


10.7シンポジウム 対テロ戦争開始から6年??アメリカ追従政策を問う そろそろ自衛隊はイラクから撤退しませんか?

2007年10月05日
photo_01
斉藤貴男さんの代打で急遽、今週末のシンポに出ることとなりました。申し込み制だけど、当日の清算も可能とのこと。ということで、志葉ファンも龍平ファンも、ゆみファンも一番町に結集ですね。

以下転送大歓迎!
*****************************************************************
~10.7シンポジウム~ 
  対テロ戦争開始から6年―アメリカ追従政策を問う
                  そろそろ自衛隊はイラクから撤退しませんか?


*****************************************************************
◆日時 10月7日 18時開場 18時30分~21時30分
◆会場 いきいきプラザ一番町カスケードホール(定員198名)     
     ・住所:東京都千代田区一番町12
     ・交通:東京メトロ半蔵門線半蔵門駅5番出口から徒歩5分
        東京メトロ有楽町線麹町駅5番出口から徒歩5分
      JR・東京メトロ有楽町線・南北線・ 都営新宿線の
          市ヶ谷駅から徒歩13分
   ・ URL http://www.ikiikiplaza-eiwa.jp/
   ・ 地図 http://www.ikiikiplaza-eiwa.jp/access.html
◆参加費(資料代) 前売1000円、学生800円
 会場の関係で原則として前売扱いのみとなります。
 電話・FAX・メール等で事前申込みをお願いします。
 事前申込みがあれば、当日清算のブースをご用意しますので、
 当日清算をすることは可能です。

◆プログラム
18:00 開場
18:30 開会あいさつ
18:35 シンポジウム
21:30 終了

◆パネリスト:
 川田龍平(参議院議員、東京HIV訴訟原告)
 小林正弥(千葉大学・公共哲学センター長)
志葉玲(フリーランスジャーナリスト)

<お詫び>予定したパネリストのお一人である斎藤貴男さんが現在アフリカにて取材中で、今週中に日本に戻る予定だったが戻れなくなったとの連絡が入りました。そこで緊急にピンチヒッターとして、フリージャーナリストの志葉玲さんに来ていただくことにしました。予定とは違うパネリストになったことをお詫びします。

◆コーディネーター:
 きくちゆみ(著作・翻訳家、平和省プロジェクト代表)

-------------------------------------------------------------------
参議院選挙で与党は大敗し、改憲を目指す安倍政権は大きな打撃を受けました。

 ついに安倍総理は辞任を表明しました。しかし私たちが「平和共同候補」への協力を求めた護憲政党(共産党、社民党)も参議院選挙では退潮し、平和共同候補の重要性をあらためて感じています。

 改憲阻止のためには、次期衆議院選挙での政権交代の実現が大切な第一歩です。誰が総理になろうと、政府のアメリカの軍事路線追随政策は変わらないでしょう。そのためにも、次の衆議院選挙では平和のための共同候補を実現させ、平和憲法の理念を実現できる連合政権を目指しませんか?

 「市民の風」は、あの理不尽な対テロ戦争が開始された2001年10月7日から6年目のこの日に、テロ特措法の延長をやめさせ、アメリカ追従の外交軍事政策の見直しを求め実現しようと、平和でより公正な社会を願うあなたに呼びかけます。

国際貢献は軍隊でなくてはできないのでしょうか?
私たちの平和憲法に沿った国際貢献がないのでしょうか?

 シンポジウムには、新たに参議院議員となった川田龍平さんもお呼びします。イラク撤兵と総選挙における共同候補の実現について、皆さんと一緒に話し合いたいと思います。アメリカに追随するために、軍事化と改憲を押し進める日本政府の暴走を止め、逆転させましょう。

◆主催 「平和への結集」をめざす市民の風
◆連絡先 同事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚5-6-15 ワイビル401 保田・河内法律事務所内
FAX: 020-4666-8281
郵便口座番号: 00170-4-594080
(口座名義: 「平和への結集」をめざす市民の風)
E-mail: join@kaze.fm
URL: http://kaze.fm/(携帯からも賛同署名できます
*******************************************************************
(以上は転送・転載OKです)