NEWS

日本図書館協会の選定図書に/紀伊国屋書店でフェア

2007年07月14日
photo_01
 おかげ様で、拙著『たたかう!ジャーナリスト宣言―ボクの観た本当の戦争』は各方面で高い評価をいただいております。

 先日、日本図書館協会から『たたかう~』が同協会の選定図書に選ばれたとの通知をいただきました。これは、同協会の専門選定委員50人が、年間約6万点にもおよぶ新刊書の中から、公共図書館に相応しいとされる本を一冊一冊読んで選定するものだそうです。選定委員の皆様、有難うございました!

 また、現在、紀伊国屋書店新宿本店3Fで、『70年代生まれの論客たち』というフェアが行われていますが、私も“論客”として選ばれ、『たたかう~』が平積みで売られています。さらに、私が写真を担当しました『川田龍平 いのちを語る』も同フェアで販売されております。紀伊国屋書店さん、有難うございます!

 

北陸中日新聞で新書が大きく紹介されました。

2007年07月10日
photo_01
 7月8日付けの北陸中日新聞で、志葉の講演と新著『たたかう!ジャーナリスト宣言』が紙面を大きく割いて紹介されました。高橋記者、有難うございますm(--)m 

弱い者犠牲の戦争 野蛮、残酷、バカバカしい
イラクなど取材志葉さん
きょう講演 本社訪れ思い語る



【7.13.中野】志葉出版記念パーティーのお知らせ

2007年06月26日
photo_01
 お世話になっております、志葉です。

 この度、単独での執筆としては初めての本『たたかう!ジャーナリスト宣言―ボクの観た本当の戦争』が出版されました(関連情報)また、7月13日(金)、東京・中野で、18時30分から20時まで、出版記念パーティーが行われます。

 このパーティーのため、広河隆一さんや川田龍平さん、高遠菜穂子さんなど、素晴らしい先輩や友人達が発起人となってくれました。会場での本の販売やサインも行う予定ですので、ぜひぜひご参加下さいませ。

 なお、大変恐縮なのですが、会場整理の都合上、パーティーへの出席/欠席について7月6日(金)までに、本HPのメールフォームより、ご連絡いただけますと、嬉しく思います。
                                          志葉 玲 拝

 パーティーの詳細は社会批評社からの案内↓をご参照くださいませ。
------------------------------------------
志葉玲さんの著書『たたかう! ジャーナリスト宣言』の出版記念会のご案内

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。さてこのたび、私たちの友人、志葉玲さんが 『たたかう! ジャーナリスト宣言―ボクの観た本当の戦争(社会批評社刊・本体1800円・6月2日発売) 』を上梓しました。

 この本は、開戦以来、何度も取材に訪れたイラク戦争の現場から、日本ではほとんど報道されないファールジャの虐殺、米軍の拷問、サマワ自衛隊活動の実情、そして今日では地獄と化したイラク内戦の実態などを生々しくリポートしています。

 特に、この本ではイラクのみならず、レバノンからインド洋大津波の地・アチェに至る、戦争・紛争地での志葉さんの体を張った戦争報道のリアルさが伝わってきます。まさに「たたかう! ジャーナリスト・シバレイ」の誕生の物語と言えましょう。

 私たちは、このような志葉玲さんの初めての単独での新刊の上梓を祝い、そして彼を励まし、今後、彼とともに様々な活動を模索するために左記のような出版記念会を催したく思います。

 どうぞこの趣旨をご理解いただきぜひともご出席下さるようお願い致します

*ご欠席の方で本書をお求めになられる場合は、その旨ご連絡していただければ、すぐに版元からご送付します)。

2007年6月22日 株式会社 社会批評社 小西 誠


★発起人(アイウエオ順・敬称略)

相澤恭行(NPO法人PEACE ON代表)
伊藤千尋(朝日新聞記者)
川田龍平(東京HIV訴訟原告)
きくちゆみ(平和省プロジェクト代表)
佐伯奈津子(インドネシア民主化支援ネットワーク)
高田健(World Peace Now)
高遠菜穂子(ボランティア)
滝野功久(立命館大学教授)
寺中誠(アムネスティ・インターナショナル日本事務局長)
広河隆一(DAYS JAPAN編集長)
星川淳(グリーンピース・ジャパン事務局長)


●日時:2007年7月13日(金)
 開場18時、18時30分開会、20時頃まで

●場所:中野勤労福祉会館1階「レストラン欅(けやき)」
(東京都中野区中野2-13-14 JR中央線・総武線中野
駅南口徒歩4分)地図

●参加費:5000円(書籍代込み)。既に本を買っている
 方は4000円

●連絡先:東京都中野区大和町1-12-10
 (株)社会批評社気付
 電話03‐3310‐0681 ファクス03‐3310‐6561
 Eメール shakai@mail3.alpha-net.ne.jp

------------------------------------------ 

週刊SPA! 自衛隊の国民監視特集

2007年06月26日
photo_01
 本日発売された週刊SPA! 07年7月3日号で、自衛隊情報保全隊による国民監視問題について、特集記事が掲載されました。是非、御一読くださいませ。

以下、SPA!担当編集者より
http://spa.fusosha.co.jp/weekly/ent_2629.php
[自衛隊の国民監視]やりすぎに唖然!消費税に反対しても、自衛隊グッズを買っても!?尾行、盗聴、不法侵入は日常茶飯事……
「すべての国民が監視対象です」(久間防衛大臣)

 自衛隊・情報保全隊の内部文書が流出、'03年11月~'04年2月までに289の団体・個人 が“反自衛隊的”として監視されていたことが判明し、大騒ぎになっています。その中には消費税反対や年金問題の追及、環境保護運動、駐屯地で自衛隊グッズを購入……など自衛隊とは直接関係ないものも含まれていました。防衛省のトップは「資料は残っていない」「詳しくは知らない」などとあいまいな発言を繰り返していますが、一体何のために監視しているのか? 今でもずっと監視は続いているのか? 集めている情報はほかにもあるのだろうか?etc.知られざる防衛大臣直属「諜報機関」の実態に迫ります。

7月1日イラクに咲く花-千歳烏山

2007年06月25日
 ◆□□□□□□□□□■□□□■□□□■□□□□□□□□◆
  ◆◇イラクに咲く花-見る、聞く、知る、イラクの今と私たち◇◆
 ◆□□□□□□□□□■□□□■□□□■□□□□□□□□◆


  ◆   たくさんの夢があり、生活がある。
 ◆○◆  お母さんがいて、あかちゃんがいる。
◆○◎○◆ 青空は広がり、花も咲く・・・
 ◆○◆  そんな当たり前の生活が失われつつある国、イラク。
  ◆   この国のことを、もっと見て、聞いて、知りませんか?


日 時:2007年7月1日(日)13:00~19:00

会 場:すぺーす楽多 ≪らくだ&TUBO≫
    (世田谷区南烏山6-8-7 楽多ビル2F 03-5313-8151)
     京王線・新宿駅から特急・準特急以外の電車で17分、
     千歳烏山駅西口改札・北側を出てまっすぐ進み、バス
     通りを左へ、一つ目の信号のある所。駅から徒歩5分程。
      ※1階に出ている「TUBO」という看板が目印です。
入場料:カンパ制(軽食もあります)

≪タイムスケジュール≫ ※若干変更の可能性もあります。

13:00~  イラク民間支援実績データ2007版・発表
13:15~  『TVニュースで見る“激動のイラク”』前編
        ’03~’05
14:00~  リレートーク1『思い出のイラク』
思わず笑顔になったイラクの日々を
イホネットメンバーが語ります。

15:00~  舞踏『 エジプシャンダンス BY Reika 』
         神聖さと妖艶さを合わせ持つ日本唯一のエジプト
         舞踏家。イラクのバビロン音楽祭に出演予定だった
         Reikaさんが、なんとここに特別出演!
         さぁ、みなさん!ベリーダンスに魅了されたら、
         一緒にイラク舞踏を踊ってみませんか!?
        ☆Reika World < http://reikaworld.com/

15:40~  リレートーク2『思い出のイラク』
16:05~  『TVニュースで見る“激動のイラク”』後編
        ’06~’07

17:10~  報告『イラク避難民in シリア』BY 相澤恭行
17:30~  報告『イラク避難民in ヨルダン』BY 佐藤真紀

17:55~  ピアノ弾き語り『空にことりを 地に花を』
         来日したカーシムのために作られた歌を
         イホネットメンバーが弾き語り。
18:10~  トークセッション
        『ワタシとセカイ~目からウロコが落ちた時』
         進  行:高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)
         パネラー:相澤香緒里(NPO法人PEACE ON)
             :西方さやか(イラク支援ボランティア)
             :大嶋 愛 (イラク支援ボランティア)
             :志葉 玲 (ジャーナリスト)
~19:00  終了予定


★アラブを体感できる“イラクの甘~いチャイ”や“アラブ衣装で
 イラク人になりきり!”撮影ブース、各種雑貨販売もあります。

★予約不要・出入り自由のイベントですが、会場のスペースは限りが
 あるため、万一満席の際にはお入り頂けない・お座りになれない
 可能性もあります。どうぞご了承くださいませ。

【問い合わせ先】
メールアドレス:iraq_hope_net@yahoo.co.jp
電話・FAX:03-3823-5508

【主 催】
イラクホープネットワーク http://www.iraq-hope.net/

【出展団体・個人】
◇イラクの子どもを救う会 http://www.nowiraq.com/
◇日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
 http://www.jim-net.net/
◇セイブイラクチルドレン札幌
 http://www16.ocn.ne.jp/~sics/index.html
◇セイブ・イラクチルドレン・名古屋  http://www.iraq-c.gr.jp/
◇セイブ・ザ・イラクチルドレン広島 
 http://homepage.korinkan.co.jp/iraq-children/
◇高遠菜穂子 http://iraqhope.exblog.jp
◇NPO法人 PEACE ON  http://npopeaceon.org
◇日本国際ボランティアセンター(JVC)
 http://www.ngo-jvc.net/index.html
◇NO DU ヒロシマ・プロジェクト http://www.nodu-hiroshima.org/
◇ピースボート http://www.peaceboat.org/
◇BOOMERAN-NET http://www.boomerang-net.org/
◇平和市民連絡会 http://www.jca.apc.org/heiwa-sr/jp/
◇細井明美 http://www.jca.apc.org/~anneh/index.html
◇劣化ウラン廃絶キャンペーン http://www.cadu-jp.org/
 ほか