NEWS

取材活動費カンパお振込み先を開設

2012年06月03日
昨今のマスメディアへの不信感が高まる中、注目されるフリーランスジャーナリストですが、金融危機以来のメディア不況で逆風にさらされているのも、またフリーランスのジャーナリストです。
充実した取材のためには相応の経費がかかりますし、充分な資金があれば、より機動性ある取材が可能となりますので、もしよろしければ、志葉の活動へご支援いただければ幸いです。

☆ゆうちょ銀行
【口座番号】14290 - 4108551
【口座名】ジャーナリスト志葉玲を支える会

☆他の金融機関からのお振込みは
【店名】四二八(読みヨンニハチ)
【店番】428
【預金種目】普通預金
【口座番号】0410855
【口座名】ジャーナリスト志葉玲を支える会
    (ジャーナリストシバレイヲササエルカイ)

ご協力、ご検討くださいませ。


*いただいたご支援は、当面、原発関連、自然エネルギー関連、中東情勢関連の取材に使わせていただく予定です。
*上記口座からある程度の収入・支出がまとまった時点で、HP等を通じて、会計報告もさせていただきます。

3.20 イラクと福島―佐藤栄佐久元知事と“国策”を問う

2012年03月05日
イラク戦争から9年、原発事故から1年 シンポジウム
「イラクと福島―佐藤栄佐久元知事と“国策”を問う」

 今年3月20日で、イラク戦争開戦から9年目を迎えます。

 日本政府は、米国のイラク攻撃を支持することは、日本の国益にかなうと
断言しました。その結果、10万人以上の市民が殺され、400万人以上が家を
追われ、避難しました。

 そのようなイラク攻撃を平和憲法を持つ日本が支持することは出来ないと、
開戦前に国に意見書を提出した唯一の県がありました。それが福島です。
そして、3.11の東日本大震災が起こり原発事故が起こりました。それでも国は、
国益にかなうとして、原子力発電を継続使用としています。福島では何もな
かったように、切り捨てられていくのでしょうか?

 イラク戦争の検証を求めるネットワークでは、元福島県知事の佐藤栄佐久氏
をお招きして国策を問います。また、国際政治学者の高橋和夫氏には、現在の
中東情勢を解説していただき、イラクを含め、日本の外交政策を考えます。


パネラー
佐藤栄佐久・元福島県知事 
「唯一、イラク戦争に反対した県」基調講演
高橋和夫・国際政治学者
「イラク戦争とイラク、イラン、シリアを中心としたこれからの中東情勢」 
佐藤真紀・日本イラク医療支援ネットワーク
「劣化ウランの放射能からイラクの子ども達を守る」 
志葉玲・イラク戦争の検証をもとめるネットワーク
 「イラク戦争の検証について」         

日時:3月20日(祝)午後2時~4:30
場所:明治大学リバティタワー12F 1123教室
定員:168名
参加費:500円(+カンパ歓迎)

主催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
共催:社会思想史研究会、市民社会フォーラム
       

2/21 ドイツ連邦議員と被曝治療の権威、脱原発の旗手が勢ぞろい!いのちを守る脱原発〜ドイツ×日本 

2012年02月19日
photo_01
 この2月、ドイツからエネルギー政策スポークスマン・連邦議員のドロテー・メンツナー氏が来日します。それにあわせて内部被曝に詳しい肥田舜太郎先生、原発問題に詳しい環境ジャーナリストのアイリーン・美緒子・スミスさんに来ていただいて、これからの日本と世界との繋がり方を考える会を大阪で開きます。
*フライヤー http://bit.ly/yvYXTD
*開催費のご協力お願いします。詳細は本ページ末尾
 当日は、私、志葉玲と増山麗奈で進行役を勤めさせていただきます。この貴重な機会から、子どもたちを被曝から守る国際ネットワークみたいなものが立ち上がったら、と考えております。

 以下、転載・転送大歓迎!

【いのちを守る脱原発〜ドイツ×日本】

【内容】
福島第一原発事故後、脱原発を決定したドイツより、エネルギー政策の広報担当・連邦議員ドロテー・メンテナー氏が来日します。
日本で脱原発を実現するには何が必要なのか、今年11月に予定されている国連の日本への査察を前にこどもたちを被曝から守る国際的な繋がりの可能性などをテーマに討論会を開催します。

日時:2月21日(火)午後6時半~9時
場所:エル・おおさか 大阪市中央区北浜東3-14  06-6942-0001
資料代:500円+カンパ

〈パネリスト〉
ドロテー・メンツナー DIE LINKE(ドイツ左翼党)連邦議員
エネルギー政策スポークスマン 環境・自然保護・原子炉安全委員会 ゴアレーベン調査委員会(注 ゴアレーベン=ドイツの放射性廃棄物の埋設予定地)2005年秋よりドイツ連邦議会議員を務める。反原発および非軍事化運動、反ファシズム運動に力を入れている。一児の母。

肥田舜太郎 医師 
1917年広島生まれ。。1945年広島にて被爆。軍医として被爆者救援にあたる。現在、全日本民医連顧問、日本被団協原爆被害者中央相談所理事長。原発事故後東日本の母子より健康被害の相談を数百件受けている。著書『内部被曝の脅威』(共著、ちくま新書)など。

アイリーン・美緒子・スミス 
環境ジャーナリスト 水俣・原子力問題を発信。人をつなぐ脱原発の市民団体「グリーン・アクション」代表。83年以降、福井県若狭湾の原発の安全問題に取り組む。3.11以降はアメリカNY国際本部前での集会デモや、ワシントン連邦会議での報告など、国際社会にも強く脱原発を訴えている。


【共催】
WAPA( Wolrd Anti Nuke PeaceAction)
いのちを守るお母さん全国ネットワーク 
市民社会フォーラム
ピュア大阪理事会
ストップ!放射能汚染ガレキ・関西ネットワーク

協 力 :
グリーン・アクション
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
ストップ・ザ・もんじゅ


【問い合わせ】 080-6687-4118 info@renaart.com(増山麗奈)

会場にて wapa主催のアート展「WE ART HIBAKUSHA」展を開催します。
(出展料1000円)参加希望者は info@renaart.com(増山麗奈)まで。

●カンパ大募集●カンパがないと大赤字なので、ご支援お願いしますm(--)m
●いのちを守るお母さん全国ネットワーク
○他金融機関からの振り込み
【店名】018(ゼロイチハチ)
【店番】018 
【貯金種目】普通預金
【口座番号】8165863

○ゆうちょ銀行からの振替の場合
記号10130
番号81658631
名前→イノチヲマモルオカアサンゼンコクネットワーク

新年のご挨拶 2012年 

2012年01月05日
 遅ればせながら、新年のご挨拶申し上げます。

 昨年は、東日本での大震災、福島での原発事故、中東での独裁政権の相次ぐ崩壊、米軍のイラク撤退、欧州金融危機、京都議定書の延長など、歴史的な事件・出来事が続いた年でした。

 昨年起きたことを考えると、「新年おめでとう」という感じでもありませんし、それぞれの事件・出来事の影響が今年も続くことは間違いありません。こんな時こそ、ジャーナリストがしっかり仕事をしていく必要があると、気を引き締めております。

 どうか、本年度もよろしくお願い致します。

原発周辺の動画をアップ

2011年12月20日
福島第一原発正門前でのやり取り、周囲の状況など
http://reishiva.jp/movie/index.php?category=324